Mt.Kilimanjaro / マラングルート④

  • LINEで送る

23時30分頃にガイドが起こしに来ました。

何時間前までの頭痛が嘘かの様に、痛みがとれてます。

まだ若干痛いけど、許容範囲内。

 

 

覚悟を決めて出発準備をはじめようとしましたが、ここで同行者のH谷が頭痛が治らずギブアップとの事。これは仕方がないので、山頂アタックは諦めて、早朝に下山をすることにしました。

 

日の出の時間に再度起きて、写真をパチリ。

 

日が上がり、下山開始です。H谷はそこまで深刻な状況でもないので、自力でゆっくり降りていきます。

 

最終日の天気は凄く良かったです。だんだん高度も下がり、頭痛も治まって来ました。

 

振り返ると綺麗にキボ峰が見えていました。再開を約束してしばしのお別れです。

 

ホロンボハットまで戻りましたが、H谷の高山病が回復しないのでここからレスキューカーで下山する事にしました。

ホロンボハットからレスキューカーの場所までの移動が大変。高山病がこじらすくらい大変でした。

 

初めて乗ったレスキューカーです。同様に6人くらいレスキューカーで下山する登山者がいたので車の中はぎゅぎゅうでした。思ったよりみなさん元気そうで安心。

 

車で2、3時間くらいでゲートまで戻って来ました。ここまで来たらみんな快調に戻り、病院に行かずにすみました。高山病なのに無理して山頂にこだわり、危険な状態にまでなってしまう人をよく聞きます。無理せずに下山を選んだ彼達の選択は正しいですね。登りたかったら、また次回登ればいいだけですからね。

今回は山頂まで行けませんでしたが、それでも最高の登山でした。また別のルートで登ろうかと考えています。

コメント

  1. YUYAMA より:

    天気が良いときの景色はすごく綺麗ですね。

    みんなのサファリのガイドさんやシェフのジャコブさんも登山するとは意外でした!めっちゃ楽しそう(^o^)

    私だったらすぐに「下山します」と言ってしまいそうです(笑)

    来年は途中まで登って、次の年に山頂を狙ってみようかなと思いました。
    タンザニアに行く目的が増えていいかも!
    もちろん、サファリにも行きたいし、やりたいことがたくさんあって迷いますね(笑)

  2. オオイシ マサト オオイシ マサト より:

    本当に景色は最高です。写真には撮れないんですが、夜の星空も最高なんです。

    ジェームスもジャコブも登山でも心強く、最高の仕事をしてくれました。

    2年がかりで山頂目指すプランもいいですね。キリマンジャロ山頂へのルートはいっぱいあるんで、何年、何回来ても大丈夫ですよ。

    サファリに、登山に、いろいろタンザニアを満喫しに来てください。

コメントを残す

*