TARANGIRE NATIONAL PARK

  • LINEで送る

タランギレ国立公園 に実地研修を兼ねて行ってきました。

こちらの国立公園はバオバブの木と、ゾウの群れで有名な公園です。

象がめちゃめちゃいました。

アルーシャから約2時間で着きます。

 

 

公園の入り口でまずこんなにでかいバオバブの木がお出迎え。神さまが間違えて逆さまに 植えた木と言われてます。神様もおっちょこちょいですな。

 

動物は象で有名ですが、もちろん象以外の動物もいます。まずはシマウマにインパラです。

 

キリンとバオバブの木です。木がでかすぎてキリンが小さく見えます。バオバブの平均樹齢は300年から500年らしいです。

 

 

 

お待たせしました。バオバブと象です。バオバブの木には水分多く含まれているので象が皮を剥いで食べたりしています。タランギレ国立公園にはボコボコのバオバブがワシャワシャいます。

 

象の大群発見です。ここは雨季には川になります。穴を掘って、わずかに残る水で水浴びしています。

 

象の大群が車の方に近づいてきてくれました。象の鳴き声ってほんまにパオーンって聞こえますね。

 

バオバブと象ってとても絵になりますね。ずっと見てられそうです。

 

携帯で動画も撮ってみました。どうぞ。

 

タランギレ国立公園は雨季ではなくて乾期がオススメです。乾期だと水場が限られるので動物がそこに集まります。雨季だと動物が散らばってしまい、乾期のようには見ることは難しいです。

タランギレ国立公園も必見の国立公園ですね。

コメントを残す

*